副業をするという事の意味

終身雇用の時代が少しずつ変化していく中で、自然な形で発生してきたのが、副業であります。つまり、正社員として勤務しながら、週末等に固めて別の仕事をして副収入を得るということをする人が今の時代、たくさんいます。一昔前ならば、本業に全身全霊打ち込むのが雇ってもらっているところへの義理であり、それがあるからこその、日本株式会社の終身雇用制度でありました。しかしながら、今は、会社の方が変わってきました。優秀な人は大切にするが、そうでない人は出来たら会社から去ってほしいと考える様になってきています。大手の会社でも、どんどん早期退職が促進し、多くの人がそれに応じて長く勤めた会社から去って行くようになりました。そんな時代だからこそ、自分の人生は会社任せにするのではなく、自分で切り開く必要があり、その一つのアプロ-チの方法としても、副業に注目が集まっています。会社に勤務している時間とは別に、自分の特技を利用して給料とは別の収入を得ることが、当たり前の状況に確実に変わってきています。 ただ企業に勤務していると、「副業禁止」という約束事が大きくのしかかり、本業以外の副業というと、グレ-な印象がぬぐい切れない時代がずっと続いていました。確かに、10年前はそうでした。ところが、就職状況の変遷につれて、一般企業が会社定款、就業規則に「副業禁止」という項目を記載しないように変わってきている時代になりました。優秀な大学生が、そこのところにこだわりを持ち、その項目を削除しないと、募集に応ずる学生が集まらなくなってきているのです。まさに、機が熟し、副業を始めるにあたって、最適な環境が出来つつあるといっても過言では無くなってきているのです。 副業には、会社勤めしながら、家業の小売業を手伝うとか、得意の文才を発揮して小説を書くとか、週末結婚式場の司会をするとか、自宅にいながらネット環境を駆使してPCを使って株式で売買を繰り返すとか、等非常に種類があります。時代が副業に適しているということで、副業を始めようとすることになると、何から始めたらいいのでしょう。特技のある人はそれで稼ぐことを考えればよいですし、そうでない「ただの人」である多くの人の場合、ネット上での副業から始めるのが一番いいでしょう。副業を始める場合に気を付けないことが、いくつかあり、それをきちんと押さえておかないと、不具合が多かれ少なかれ発生するからです。まず、時間的な投資の話です。一日24時間のうち、どれだけ副業にかけられるかということです。目安は一日、4時間です。一晩寝ないで対応したら達成できる副業は、本業に影響するので論外です。それから、金銭的な投資の話です。目指している副業を始めるにあたって、自分の月収の1/2程度で始められて、うまくいかないこと場合も損失が月収の1/3で収まることが必須の約束事です。これを超える金額が必要とされる副業は、論外です。それから、これらの最初の条件をクリアとして副業としてうまく回るようになったら、具体的には本業月収の2倍以上稼げるようになってそれが半年以上続いたら、忘れずに税金を払う準備をしておきましょう。 これらの諸条件を満足する副業はあまりなく、その一つがネット副業です。副業初心者には、ここから始めるのがいいというの理由はここにあります。